ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


(旧) <  | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/01/01 (木) 00:01

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


s-門松1-s s-門松1-s
Tzvi Erez plays Bach: Prelude 1 in C Major BWV 846

スポンサーサイト
2011/02/11 (金) 23:57
Erik Satie エリック・サティ (1866~1925年)

以前より気になっていて、機会があれば作曲者を調べようとずっと思っていた曲があります。
その曲が某掲示板で紹介されているのを偶然見つけたので、私のメモ代わりに記事にしておこうと思います。
とりあえず、その曲をYouTubeで。



曲名は 『Gymnopédies (ジムノペディ)』 の第1番
色んなBGMなんかでも使われて有名な曲なので、既にご存じの方も多いと思いますが、私はこのフランスの作曲家:Erik Satie (エリック・サティ) という人の名を今回初めて知りました。
Wikipediaで調べてみると、私の好きなドビュッシーラヴェルにも影響を与えたとあります。
確かに、その雰囲気は二人に通じるところがあるようにも感じます。

関連のYouTubeを漁っていると、他にも聞き覚えのある曲が出てきたので紹介しておきます。




 『Je te veux
   (ジュ・トゥ・ヴー)』

 どこで聞いたのか思い
 出せませんが、
 なんとなく懐かしい調べ。





 『Gnossiennes
  (グノシエンヌ)』
 第1番

 よくTVCMで使われていた
 ような・・・




2010/10/05 (火) 00:51
s-Philippe Jaroussky - Vivaldi aria
※演奏部分は 0:50~5:30 辺り

フィリップ・ジャルスキー
  フランスのカウンターテナー歌手。
  華やかさのある美声と超絶的な技巧を持ち、
  バロックの声楽曲の解釈で高い評価を受ける。

wikiより


YouTube徘徊してて耳にとまったビデオを一つ。
オペラとか声楽といった系統は全く知らなくて、YouTubeのサムネ見たときは若い素人のローカルでの発表会か何かの動画かなぁ? その割には再生回数が結構いってるなぁとか思いながら見始めたら、最後まで聴き入ってしまいました。
どうやら彼は今ヨーロッパで最も注目されている新進気鋭のカウンター・テノール歌手だそうです。

あと、Vivaldiのこのアリアもいいですね。
Vivaldiと言えば 『The Four Seasons(四季)』 くらいしか知りませんでしたが、それでも聴けば 「あぁ、Vivaldiの曲だなぁ」 と分かるくらいドラマティックな感じが素敵です。
2010/07/29 (木) 23:10
久しぶりに音楽ネタを一つ。

全く関係無いんですがニュースで女優の園佳也子さんが亡くなられたと知ってYouTubeで懐かしい 『細うで繁盛記』 のオープニングを聞いていたらその関連動画で何故か新日本紀行のテーマ曲につながって、冨田勲もいいよなぁ、ところで昔FMのある番組のテーマ曲に使われていたあの大好きな曲はなんだったっけ?と色々漁って見つけたのがこのドビュッシーのアラベスク第1番。

s-冨田勲
https://youtu.be/igHOaMOzzUo

いいですねぇ、久しぶりに聞きましたが夏の夜を涼むのにぴったりな感じです。
彼のデビュー・アルバム 『月の光』 に入っている同じくドビュッシーの “月の光” なんかもいいです。


月の光月の光
(2007/10/24)
冨田勲

商品詳細を見る
2009/09/30 (水) 20:19





 Tomaso Giovanni Albinoni
 (トマゾ・ジョヴァンニ・
  アルビノーニ)
 (伊 1671-1751年)



季節のせいかそれとも五十肩のせいなのか、ここんところやけにしんみりとした寂しい曲が心に染みてしまいます。w

映画で使われたり、ロック・ミュージシャンが転用したりと色々なところで使われているようなのでご存知の方も多いかな。
(ギターの速弾きでも有名な Yngwie Malmsteen (イングヴェイ・マルムスティーン)もやってます。w)

“アルビノーニのアダージョ” として有名な曲ですが、実際はその編曲者として知られている Remo Giazotto (レモ・ジャゾット) の創作らしいです。
その辺の詳細は wikipedia 参照。
2009/09/24 (木) 00:08


http://www.youtube.com/watch?v=wlX88zCizsA

アヴェ・ヴェルム・コルプス(Ave verum corpus)は、
カトリックで用いられる聖体賛美歌である。
トリエント公会議で確立された対抗宗教改革の一環として典礼に取り入れられ、
主に聖体祭のミサで用いられた。
現在では、ウィリアム・バードやモーツァルト、フォーレ作曲によるものが有名。

wiki より


宗教色の強い曲が続きますが、今回ご紹介するのは “アヴェ・ヴェルム・コルプス” という讃美歌です。
どうやらこれもモーツァルトによるものが有名のようでYouTubeで検索かけてもほとんど彼のK618がヒットしますが、今回紹介したいのは Imant Raminsh (イマンツ・ラミンシュ)の作品です。

4分辺りからの盛り上がりと、その後穏やかにエンディングへつながっていくとこがもうたまりません。
こういう美しい声楽を聴くと楽器では表現しきれない人の声のすばらしさを感じてしまいます。


Sacred FeastSacred Feast
(1999/09/14)
Edward Bairstow、

商品詳細を見る
2009/09/22 (火) 00:10
以前、『エリザベス』 という映画の紹介記事の中で、嫌いなモーツァルトの中にあって唯一好きな作品が “レクイエム” だという話をしたことがありました。
よくよく調べてみればこのレクイエムはモーツァルトが亡くなる直前に書かれた最後の作品で、しかも未完。
その後、弟子達により補筆完成されたということなので、私が例外的に好きになったのもなんとなく頷ける話です。w
その辺りの詳細はwiki参照

補筆完成ということで少し中途半端な感が無きにしも非ずですが、それでも知っているレクイエムの中ではこのモーツァルトのレクイエムが一番好きです。
ではその中から何曲か特に好きなものを紹介してみたいと思います。
ビデオは全て Nikolaus Harnoncourt (ニコラウス・アーノンクール)指揮のものから選びました。
※リンク切れにつき入替えました。

s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa 
 第1曲 : Introitus - Requiem Aeternam 
       (入祭唱)

 ※Georg Solti指揮に入替え


s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa
 第5曲 : Sequentia-3. Rex Tremendae
       (恐るべき御稜威の王)

 ※Georg Solti指揮に入替え


s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa s-Lacrimosa Requiem by Mozart Nikolaus Harnoncourt
第8曲 : Sequentia-6. Lacrimosa   ※同じ曲ですが右はライブ映像
        (涙の日)
※左はGeorg Solti指揮に入替え、右はNikolaus Harnoncourt指揮

s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa
 第14曲 : Communio - Lux Aeterna
        (聖体拝領唱)

  ※Georg Solti指揮に入替え





Mozart: Requiem [Hybrid SACD]Mozart: Requiem [Hybrid SACD]
(2004/06/05)
Gerald Finley、

商品詳細を見る
2009/02/01 (日) 22:47
録音がいいということで内容も知らずに昔買ったのが、このフランスの美しい女性ピアニスト:Hélène Grimaud (エレーヌ・グリモー)の 『credo』 というアルバム。
このアルバムの最後に入っているのがアルバムのタイトルにもなっている "credo" という曲なんですが、これがちょっと変わってます。

s-Helene Grimaud playing Piano YouTube、エレーヌ嬢の演奏のやつは
 残念ながらこんなさわりのやつしか
 見つけられませんでした。





演奏者が異なりますが、曲の全容はこちらから、

s-Vestard Shimkus - Part - Credo (1/2) s-Vestard Shimkus - Part - Credo (2/2)

途中、訳のわからない部分もありますが(w)、この曲妙に好きなんですよね。
たまに、無性に聴きたくなります。
作曲はエストニア出身のArvo Pärt (アルヴォ・ペルト) っていう人らしいんですが曲同様、このアルバムで初めてしりました。
他にも琴線に触れるような曲を書いているんでしょうか? 実は未だ全然調査できてません。。。

CredoCredo
(2004/03/24)
グリモー(エレーヌ)スウェーデン放送合唱団

商品詳細を見る

2008/07/03 (木) 23:06
Bach - Goldberg Variations Aria (Glenn Gould) Bach: Goldberg Variations
 BWV 988 - Aria
 (バッハ ゴルトベルク変奏曲)
 Glenn Gould (グレン・グールド)






ここ最近、サイド・メニューにうpしている Simone Dinnerstein のゴルトベルクばかり聴いているんですが、ゴルトベルクと言えばやはりグールドでしょうか。
特にこの "Aria" はたまりません。。。

2008/06/26 (木) 22:35
Sheep may safely graze_BWV 208 ここんとこバッハづいてるんですが、
 YouTubeで偶然見つけたこの曲、以前
 どっかで聴いたことがあるように思うん
 ですがさっぱり思い出せません。
 歳とってくるとこういうことが増えて
 くるんでしょうねぇ。w
 しかし、どこで聴いたかなぁ。。。
 高校の音楽の時間にリコーダーで
 吹いた? う~ん、違うかなぁ。。。 


カンタータ 第208番 『楽しき狩こそわが悦び』 (狩のカンタータ) より
第9曲 "Sheep may safely graze" (羊たちは安らかに草を食み)
ペトリ編曲

(旧) <  | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。