ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2009/02/28 (土) 00:14
(和歌山県紀の川市)

21日の葛城山方面ツー2本目は、舗装のKC林道からNKの集落へつながる名称不明の林道です。
距離は2kmあるかないかで短か目ですが、松林の中を雰囲気の良い道が続きます。
路面は穏やかで道幅もあるので初心者さんを連れていくにはもってこいって感じの道でした。
周辺には支線も何本かあったので、また散策に訪れようと思ってます。
ビデオとは逆ルートのNK側からのアプローチは、果樹畑周辺の道が入り組んで迷いやすいので要注意です。
その辺の状況は次作の迷走編にて。w

#023_KCNK線(仮称)
http://www.youtube.com/watch?v=NwNHIY5G9Mk


2009/02/24 (火) 20:51
s-20090221-31_林道重谷線北端付近 せっかくの綺麗な梅の花のあとにこんな
 画像で恐縮です。
 以前、和泉市父鬼町の周辺で不法投棄
 対策の沖縄旅行や赤い鳥居のことを
 記事で紹介したことがありましたが、
 林道を走っていると残念ながらこういう
 風景によく出くわします。

 林道進入禁止用のゲートを設けたり、
 鳥居を立てたりと色々対策もされて
 いますが、抜本的な対策にはなって
 いないような気がしますねぇ。
 有償で廃棄しなければならないゴミが
 ある限り、恐らく不法投棄は無くなら
                         ないでしょう。

特に世の中が不景気にある今、ますます増えていくような気さえします。 
素人考えですが、最近の家電のリサイクル料みたいにもっと物の購入費用に廃棄処理費用をonさせて、廃棄時は無料回収とかにするような対策が必要なのではと思うのですが、そう簡単な話ではないんでしょうか。。。

2009/02/21 (土) 23:05
20090221_西谷川付近

7日に引き続き、再び葛城山方面へ行ってきました。
今日は天気良かったんですが空気がひんやりとしてて影に入るととても寒かったです。
でも至る所で梅の花が咲いてたり、美味しい林道も見つかってとても有意義な一日となりました。
林道の詳細はまた後日、動画と共においおいアップしていきます。

2009/02/13 (金) 00:10
(大阪府和泉市)

7日の葛城山方面ツー最後の “林動” は、THダムの西に位置するI谷林道。
東槇尾川(ひがしまきおがわ)沿いに採石場の横を通り、途中まで大阪府道61号にもなっているダート林道です。
四輪の交通量が多いせいか路面は踏み固められて超硬め。
水溜りも多く、ダンプなんかもよく通るようなのであまり魅力的な林道とは言えない感じです。
施福寺へ抜けれるような話も聞いたんですが、それはどうもヒンシュク・ルートのようでした。w

#021_I谷林道
http://www.youtube.com/watch?v=WaUPsUaELbk

2009/02/12 (木) 01:07
(和歌山県紀の川市)

7日の葛城山方面ツー2本目の林動は、仮称 『KK川線』 。
ネット徘徊してて存在を知り、今回初トライの林道です。
多少ガレてますが勾配はきつくないので、そこそこ楽しく走れるルートだと思います。
恐らくピストンだと思われますが今回入らなかった支線も残っているので、また訪れてみたいですね。

#020_KK川線(仮称)
http://www.youtube.com/watch?v=wT7e1NQras0

2009/02/11 (水) 00:03
(大阪府泉南市~和歌山県紀の川市)

7日に行ってきた葛城山方面の1本目の動画ができたのでupします。
タイトル・バックを飾っているのは去年紹介したこともあるBD山の展望台です。

※動画の公開は終了しました。m(_ _)m
s-#019_BD山
2009/02/09 (月) 00:23
防風カバー01 防風カバー02

冬のツーリング、昼間ダート走ってるときは運動量があるので汗ばむほどなんですが、行き帰りの舗装路移動時は指先がかじかむほど冷えてきます。
というわけでこんなものを作ってみました。

t1mmの軟質樹脂板を適当に切って、ZETAのアーマーハンドガードに挟み込んでます。
最初は上下面に手を包み込むようにビニール・シートを貼ってたんですが、操作の邪魔になってうっとうしかったので取り除きました。
柔らかいといっても樹脂なので転倒すると粉砕しそうです、なので行き帰りの移動時のみ使用。
外すと平たい板状に戻るので収納スペースもそんなに取りません。
(ウエスト・バックの人にはきついかもですが)

効果はと言いますと、先日の葛城山ツーで朝の高速道移動時でも指先がかじかむことはなかったので、まぁ合格って感じでしょうか。
ちょっとカッコ悪いですけど、朝と晩の行き帰りだけなら我慢できそうです。w
透明の樹脂板だったら目立たなくてよかったんですが、柔らかいのはこんな梨地仕上げみたいなやつしか東急ハンズに置いて無かったんですよね。。。
t3mm程度のビニール(ゴム)・シートも検討しましたが、結構重くなりそうだったのでやめました。
これにあとグリップ・ヒータがあれば完璧でしょうけど、まぁそこまではいらないかな。w

2009/02/07 (土) 21:50
ボンデン山展望台

電光掲示板にもちょこっと書きましたが、和泉葛城山方面へソロツー行ってきました。
写真は去年の夏にも行ったボンデン山の展望台。
今回は動画でもご紹介できると思います。(アップは後日になりますが)
とりあえず一報まで。。。(-_-)zzz

2009/02/06 (金) 20:08
s-井上陽水 お元気ですかー 久しぶりのBest5シリーズは、カラオケなんか
 でもよく歌う井上陽水です。
 でも私が歌う曲は、同世代で陽水を知ってる
 人でもこんな曲は知らないとかってよく言わ
 れちゃいます。
 私の嗜好ってマイナー路線なんでしょうか
 ねぇ?
 では、そんな私のカラオケでよく歌う
                     陽水Best5です!




» 続きを見る。。。
2009/02/04 (水) 00:34
s-無人島巷でよくやる 『無人島へ持っていく10枚の
アルバム』 ってのを私も選んでみました。
が、面倒だったのでプラグイン機能使って
左のサイドメニューに放り込みました。
手抜きですいません。(^^ゞ
注記で書いてますように気分で内容が変わる
かもなので、気が向いたらまた覗いてみて
下さい。w
2009/02/01 (日) 22:47
録音がいいということで内容も知らずに昔買ったのが、このフランスの美しい女性ピアニスト:Hélène Grimaud (エレーヌ・グリモー)の 『credo』 というアルバム。
このアルバムの最後に入っているのがアルバムのタイトルにもなっている "credo" という曲なんですが、これがちょっと変わってます。

s-Helene Grimaud playing Piano YouTube、エレーヌ嬢の演奏のやつは
 残念ながらこんなさわりのやつしか
 見つけられませんでした。





演奏者が異なりますが、曲の全容はこちらから、

s-Vestard Shimkus - Part - Credo (1/2) s-Vestard Shimkus - Part - Credo (2/2)

途中、訳のわからない部分もありますが(w)、この曲妙に好きなんですよね。
たまに、無性に聴きたくなります。
作曲はエストニア出身のArvo Pärt (アルヴォ・ペルト) っていう人らしいんですが曲同様、このアルバムで初めてしりました。
他にも琴線に触れるような曲を書いているんでしょうか? 実は未だ全然調査できてません。。。

CredoCredo
(2004/03/24)
グリモー(エレーヌ)スウェーデン放送合唱団

商品詳細を見る

 | HOME | 

2009-02

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR