ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2009/03/27 (金) 22:37

Ichiro commercial - Epidemic

WBC関連のYouTube漁ってるときに偶然見つけたビデオ。
イチローの所属するシアトル・マリナーズの球団CMビデオみたいです。
他にもウィットに富んだ面白い作品が色々あって、この辺はさすがアメリカって感じですね。

2009/03/26 (木) 19:01
WBC 侍ジャパン帰国 青木,内川インタビュー1 WBC 侍ジャパン帰国 青木,内川インタビュー2

今回、WBCでの侍Japanの活躍は本当に素晴らしい感動を与えてくれました。
私は普段、プロ野球とかにそんな入れ込んでいるわけではなかったので、正直なところ大リーガー以外の野手陣とか知らない人が多かったんですが、今回の活躍で青木選手や内川選手のにわかファンになってしまいました。
で、そんな侍Japanの選手達の会見ニュースなんかのはしごをやってたんですが、一番面白かったのが電光掲示板にもアップしたこのフジTV系の 『すぽると!』 で昨夜放映されていたインタビューです。
青木選手と内川選手の人柄の良さと三宅アナの巧みな話術が相まってたいへん和やかな雰囲気の中で興味深い話がいっぱい聞けました。
余談ですが、内川選手のblogはこの放送のあとしばらくパンク状態だったみたいです。w

2009/03/25 (水) 20:24

s-OFF COURSE - きかせて
https://youtu.be/RqLIzdNQlDw

オフコースも大好きなグループの一つで、過去当blogでも 「雨にまつわる。。。」 の記事で紹介したり、林動のBGMで使ったりしてました。
中でも一番好きな曲が今回紹介するアルバム 『We are』 (1980年)に収められている
“きかせて” です。
歌詞もコーラスもハーモニカも小田さんの声も、そして当然メロディも哀愁感いっぱいで 「すばらしい!」 の一言ですね!!
失恋したときに聴くともうたまりません。w


We areWe are
(2001/11/28)
オフコース

商品詳細を見る
2009/03/23 (月) 00:10

s-TheDoobie Brothers-Slat Key Soquel Rag
https://youtu.be/GfpfB0Zev1g

ケイト・ブッシュに引き続き、またまた以前取り上げたことのあるアーティストで The Doobie Brothers です。
当時の記事にも書いてますようにこの曲が一番紹介したかったんですが、日本人のしょぼい演奏しかその時は見つけられませんでした。
でも今回、再度検索してたらこんなライブ映像がヒットしたので紹介します。
1975年のアルバム 『Stampede』 より二台のアコギによるインストゥルメンタル曲で "Slat Key Soquel Rag"
さすがに本家本元、演奏の上手さは格が違います!


StampedeStampede
(1994/05/26)
The Doobie Brothers

商品詳細を見る
2009/03/21 (土) 20:44

♪Single Ladies
s-Beyonce - Single Ladies
http://www.youtube.com/watch?v=GxUmaHHxnpU
              
昨夜、MTV見てて思わずかぶりつきで見入ってしまったのがビヨンセの "Single Ladies" のPV。
ほんとスタイルいいっすよね~。 (^^ゞ
振り付けも含めてアフリカの血が熱くみなぎってるって感じです。

日本の女性はよく細くなりたいと言って、マンガに出てくるような今にも折れそうな細い脚を目指す人がいるようですが、私はそんなか細い脚より断然こういう1000里をも駆け抜けれそうな健康美溢れる脚の方が好きです。(行き過ぎてボディビルダーの領域に入ってしまうのは勘弁ですが)

しかし、実際こんなアマゾネスみたいな女性が横にいたら、ひ弱な私は思わず委縮してしまうかもですね。
何事もバランスが肝要といったとこでしょうか。w
2009/03/20 (金) 15:18

s-Kate Bush - LAmour Looks Something Like You
http://www.youtube.com/watch?v=bT26hnP62aU

Kate Bush は以前取り上げたことがありましたが、当時YouTubeに無くて紹介できなかった一番好きな曲を今回見つけることができたのでアップしてみました。
デビュー・アルバム 『The Kick Inside』 (1978年)より

詩の内容はよく知ってないんですが、物悲しい旋律が琴線に触れてしまいます。


The Kick InsideThe Kick Inside
(1996/07/23)
Kate Bush

商品詳細を見る
2009/03/18 (水) 00:29

s-Spiritual_Charlie Haden  Pat Metheny

同じミズーリ州出身のメセニーとヘイデンのコラボ・アルバム
『Beyond The Missouri Sky』 (1997年)より

ゴチャゴチャと説明するのがはばかられるような純粋で透きとおった素敵なアルバムです。



Beyond the Missouri Sky (Short Stories)Beyond the Missouri Sky (Short Stories)
(1997/02/25)
Charlie Haden & Pat Metheny

商品詳細を見る
2009/03/16 (月) 20:59
先日、設定したスパム・コメント対策の画像認証ですが、1週間目の今日になって一発書かれてしまいました。
スパムとはこれでお別れできると期待してたんですがなかなかシブトイです。w
手入力で記入してるやからもいるのかなぁ? まいりました。
ということで、以前の禁止IP設定を復活させて画像認証とのダブル・ロック方式としました。
さあ、これでどうだ!?
2009/03/15 (日) 00:00

s-Simply Red - Enough/Turn it Up
http://www.youtube.com/watch?v=D8D2rhuP0DY

イギリス出身のSimply Red 3枚目のアルバム 『A New Flame』 (1989年)より
洗練された都会によく似合いそうなそんな感じでしょうか。
最後のソプラノサックスの入り方もいいです。


A New FlameA New Flame
(1990/10/25)
Simply Red

商品詳細を見る

2009/03/14 (土) 00:07
こうなったらやけくそです。
記事で書けるほどには知らないけど、好きな曲を “それだけシリーズ” でどんどん行きますよ!

s-Camel - Air Born
https://youtu.be/iy6hg3obbxI


以前、ジャケット・デザインの記事で紹介したこともあるイギリスのプログレ・バンド: Camel のアルバム 『Moonmadness』 (1976年)より。
叙情的で美しい旋律がgoodです。


MoonmadnessMoonmadness
(2002/06/25)
Camel

商品詳細を見る

2009/03/12 (木) 00:55

s-Little Feat - Willin またまた “それだけシリーズ” です。
 どうやらネタ不足みたいですね。w

 Little Feat の二枚目のアルバム
 『Sailin' Shoes』 (1972年)より



カントリー風ののんびりとした感じがいいです。
ネオン・パークが描いた奇妙なジャケット・デザインも印象的。


Sailin' ShoesSailin' Shoes
(1994/09/22)
Little Feat

商品詳細を見る

2009/03/09 (月) 02:54
s-画像認証

記事によくスパム系のコメントが書き込みされるんですが、今まで禁止IP設定やら禁止ワード設定で対処していました。
設定条件もだいぶこなれてきて当初のスパムコメント数よりかはだいぶ減ってはいたんですが、それでも書き込みされてしまうことが今でもたまにあります。
で、今回 “画像認証” という設定を使ってみることにしました。
禁止条件はとりあえず全てクリアしたので、この画像認証だけでどれほどブロック出来るか結果が楽しみです。
コメント頂くみなさんには少々手間が増えてしまいますが、どうかご理解とご協力をよろしくお願い致します。m(_ _)m
2009/03/08 (日) 00:38
久しぶりの音楽ネタですが、うまい記事が浮かんでこないので “それだけシリーズ”でご勘弁。

s-A face in the crowd - Tom petty
https://youtu.be/z_umeMtV4QU 

Tom Pettyの "& The Heartbreakers" ではなくソロ名義のアルバム 『Full Moon Fever』(1989年)より。
けだるい感じの声質ですが、着飾らない自然な雰囲気が落ち着けて心地よいです。


Full Moon FeverFull Moon Fever
(1997/09/08)
Tom Petty

商品詳細を見る

2009/03/05 (木) 22:18
(和歌山県伊都郡かつらぎ町)

21日ツー最後のビデオは前回の三叉路から舗装路を700mほど北上した所にあるM塚がスタートになります。
そこから途中舗装林道を少し経由してST川へ抜ける名称不明の作業道のようなルートです。
距離は1本目が2km、2本目が1.5km程度。
2本の林道ともビデオの走行方向では後半厳しくなるんですが、特に1本目の林道はシングル・トラックになって路面もV字溝に掘れてきます。
下りならどうってことないんですが、上りは中級クラス以上のアタック・ルートって感じでしょうか。
当然、私は下り方向しか通ったことがありません。w

※動画の公開は終了しました。m(_ _)m
s-#026_M塚~ST川

※花粉の飛散が本格化してきたので、このあとのツーリング記事は基本的に
  G.W.頃までお休みとさせて頂きます。m(_ _)m
2009/03/03 (火) 21:08
(和歌山県紀の川市)

21日の4本目になります。
ダート区間は2kmほどですが、路面が結構荒れていて変化があり楽しいルートなのでもっと長く感じます。
上り方向は難易度がアップするので、初心者さんには少しつらいルートになるかもしれません。
もっとも、勾配はそれほどきつくないし、崖のような危険な箇所もないので練習にはいいかも。w
また、下側の取り付き点が果樹畑の迷路っぽい所になっているので、最初は上からアプローチする方がいいと思います。

※動画の公開は終了しました。m(_ _)m
s-#025_SD林道

(補足)
s-20090221-24_林道重谷線入口ビデオの初めの方に登場する 『重谷
(じゅうたに)線』 についてなんですが、
実はこのSD林道に来る直前に重谷線を
下からアタックしてたんですよね。
某掲示板で話題になって、何名かがこの日に
アタックかけることになってたんですが、残念
ながら私は着いた時間が遅かったせいか遭遇
することはできませんでした。

そして、重谷線の想像以上の厳しさに途中で断念した私は舗装路で今回の林道のスタート地点である三叉路に来たって訳です。
後で聞けばどうもルート・ミスしてたようなんですが、この撮影してるときはミスしたなんて思ってませんから、重谷線の上の取り付き部のタイヤ痕を見て、他の人は踏破したのか!? って思ってちょっと驚いたというか、悔しがった訳です。w
コース・ミスした場所も教えてもらったので、ここはまた次回リベンジしたいと思ってます。




(2009/03/18 追記)
ビデオの最初の方に登場する三叉路が 「重谷線の終端?」 と字幕で入れてますが、その後、色々ネットを彷徨ってたら違うことが分かりました。
どうやら葛城山山頂近くのロータリーまでの舗装区間も林道重谷線になっているようです。
訂正してお詫びします。m(_ _)m
そういや昔はロータリーから北側の牛滝線や西側の紀泉高原道路も含めて全てダートでしたもんねぇ。。。

2009/03/01 (日) 00:07
(和歌山県紀の川市)

天空の村21日の3本目のビデオは前回のつづきで、
NKのみかん畑迷走編です。
ビデオの字幕でも書いていますが、このあたり
一帯は山の急斜面にミカンや柿、ぶどう畑が
広がり、近くにある地区なんかは
“天空の村” と呼ばれたりもしています。

今回、ダートはほとんど登場しませんが、町中では
なかなか見ることのできない魅力的な風景だと思う
ので編集してみました。

#024 NKみかん畑迷走編
http://www.youtube.com/watch?v=0lSb6qQCtPs

 | HOME | 

2009-03

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR