ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/30 (水) 20:19





 Tomaso Giovanni Albinoni
 (トマゾ・ジョヴァンニ・
  アルビノーニ)
 (伊 1671-1751年)



季節のせいかそれとも五十肩のせいなのか、ここんところやけにしんみりとした寂しい曲が心に染みてしまいます。w

映画で使われたり、ロック・ミュージシャンが転用したりと色々なところで使われているようなのでご存知の方も多いかな。
(ギターの速弾きでも有名な Yngwie Malmsteen (イングヴェイ・マルムスティーン)もやってます。w)

“アルビノーニのアダージョ” として有名な曲ですが、実際はその編曲者として知られている Remo Giazotto (レモ・ジャゾット) の創作らしいです。
その辺の詳細は wikipedia 参照。
スポンサーサイト
2009/09/26 (土) 00:09

IZ


s-Hawaii Forever - Hawaii 78 s-Bruddah IZ ~ Hawaii Aloha
       ♪ Hawai'i '78              ♪ Hawai'i Aloha

先日、市場で買い物してるときに偶然耳に入ってきた曲。
めっちゃ場違いな感じでしたが、やっぱいいものはいいっすね!w

ハワイのミュージシャン:Israel Kamakawiwo'ole (イズラエル・カマカヴィヴォオレ) (愛称:IZ)は当blogで一番最初にYouTubeで紹介したアーティストであり、また 『Best5 ~カバー曲~』 でも登場したので記憶にある方も多いと思いますが、今回ご紹介するのはアルバム 『Facing Future (1993年)』 の最後に入っている曲で "Hawai'i '78"
歌詞(和訳)はこちら参照。

“ハワイアン” ときくとハイビスカスの花輪にフラダンスと、その人間性も音楽も南国の暖かく平和で優しいゆったりとしたイメージを私なんかは思い描いてしまいますが、こういう曲を聴くと普段あまり表には出てこない、大国に飲み込まれ時代の流れに翻弄されてきた弱小民族の悲哀といったコアな部分が見えてきます。

右のYouTubeは "Hawai'i '78" を探しているときにたまたま見つけた "Hawai'i Aloha" という、ハワイでは有名なスタンダード・ナンバー。
映像はハワイ島のミロリイという漁村でのIZのライブ演奏('95年収録)で、『Island Music Island Hearts』 というDVDに収められている映像のようです。
村人達が立ちあがってみんなで手をつなぎ一緒に歌うところは感動もの。
辛い歴史を乗り越えてきた小民族ならではの強い絆を感じさせる場面だと思いました。



Facing FutureFacing Future
(1995/03/14)
Israel Kamakawiwo'ole

商品詳細を見る

Island Music Island Hearts [DVD] [Import]Island Music Island Hearts [DVD] [Import]
(2005/10/03)
ISRAEL KAMAKAWIWO'OLE

商品詳細を見る
2009/09/24 (木) 00:08


http://www.youtube.com/watch?v=wlX88zCizsA

アヴェ・ヴェルム・コルプス(Ave verum corpus)は、
カトリックで用いられる聖体賛美歌である。
トリエント公会議で確立された対抗宗教改革の一環として典礼に取り入れられ、
主に聖体祭のミサで用いられた。
現在では、ウィリアム・バードやモーツァルト、フォーレ作曲によるものが有名。

wiki より


宗教色の強い曲が続きますが、今回ご紹介するのは “アヴェ・ヴェルム・コルプス” という讃美歌です。
どうやらこれもモーツァルトによるものが有名のようでYouTubeで検索かけてもほとんど彼のK618がヒットしますが、今回紹介したいのは Imant Raminsh (イマンツ・ラミンシュ)の作品です。

4分辺りからの盛り上がりと、その後穏やかにエンディングへつながっていくとこがもうたまりません。
こういう美しい声楽を聴くと楽器では表現しきれない人の声のすばらしさを感じてしまいます。


Sacred FeastSacred Feast
(1999/09/14)
Edward Bairstow、

商品詳細を見る
2009/09/22 (火) 00:10
以前、『エリザベス』 という映画の紹介記事の中で、嫌いなモーツァルトの中にあって唯一好きな作品が “レクイエム” だという話をしたことがありました。
よくよく調べてみればこのレクイエムはモーツァルトが亡くなる直前に書かれた最後の作品で、しかも未完。
その後、弟子達により補筆完成されたということなので、私が例外的に好きになったのもなんとなく頷ける話です。w
その辺りの詳細はwiki参照

補筆完成ということで少し中途半端な感が無きにしも非ずですが、それでも知っているレクイエムの中ではこのモーツァルトのレクイエムが一番好きです。
ではその中から何曲か特に好きなものを紹介してみたいと思います。
ビデオは全て Nikolaus Harnoncourt (ニコラウス・アーノンクール)指揮のものから選びました。
※リンク切れにつき入替えました。

s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa 
 第1曲 : Introitus - Requiem Aeternam 
       (入祭唱)

 ※Georg Solti指揮に入替え


s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa
 第5曲 : Sequentia-3. Rex Tremendae
       (恐るべき御稜威の王)

 ※Georg Solti指揮に入替え


s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa s-Lacrimosa Requiem by Mozart Nikolaus Harnoncourt
第8曲 : Sequentia-6. Lacrimosa   ※同じ曲ですが右はライブ映像
        (涙の日)
※左はGeorg Solti指揮に入替え、右はNikolaus Harnoncourt指揮

s-Mozart - Requiem III. Sequenzia 6. Lacrimosa
 第14曲 : Communio - Lux Aeterna
        (聖体拝領唱)

  ※Georg Solti指揮に入替え





Mozart: Requiem [Hybrid SACD]Mozart: Requiem [Hybrid SACD]
(2004/06/05)
Gerald Finley、

商品詳細を見る
2009/09/20 (日) 17:12

s-Jack Johnson - Better Together
https://youtu.be/RfoqELZWcp8

Jack Johnsonは以前、1stアルバム 『Brushfire Fairytales』 (2001年)から "Flake" という曲のライブ映像のPVを紹介したことがありましたが、今回は2005年に発表された3rdアルバム 『In Between Dreams』 からのピック・アップで、1曲目に入っている "Better Together" (ライブ映像はこちら。)
どうっすか? もし気に入ったのならもう一曲、ラストの "Constellations (Live at Eden Sessions 2010)"

1stより更に “ほんわかのんびり感” が増し、アルバム全体を通して超リラックスして聴くことができるお勧めの一枚です。


In Between DreamsIn Between Dreams
(2005/03/01)
Jack Johnson

商品詳細を見る





【関連記事】
●Jack Johnson (2007/04/27)
2009/09/17 (木) 00:53
s-s-Bill Evans_The Peacocks

ちょうど去年の今頃、『秋の夜長に♪』 と題してKeith Jarrett Trioのビデオを紹介しましたが、また今年もそんな季節がやってきました。
てなわけで今年お送りするのはBill Evansの晩年(1977年)に録音され、亡くなった1980年に追悼盤として発表されたアルバム 『You must believe in Spring』 から "The Peacocks"

全体的に静かで優しい雰囲気が漂うこのアルバムは、晩年のエヴァンスの境遇を知るほどに寂しく悲しい音へと変わっていきます。
中でもこの "The Peacocks" が私は一番きてしまいますねぇ。。。


You Must Believe in SpringYou Must Believe in Spring
(2003/10/27)
Bill Evans

商品詳細を見る





【エヴァンス関連記事】
●Bill Evans - Peace Piece (2012/12/20)
●Interplay/Bill Evans Quintet (2012/11/13)
●The Peacocks (その2)(2010/09/18)
●もうすぐクリスマス♪ (2009/12/13)
●Waltz For Debby (2007/03/05)
2009/09/13 (日) 23:10

s-DSCF0014.jpg






 あまりに爽やかなお天気だったので
 思わずダート走ってきました!w






» 続きを見る。。。
2009/09/12 (土) 16:21

s-Herbie Hancock_Maiden Voyage

Herbie Hancock のアルバム 『Maiden Voyage』 (1965年) の一曲目に入っているタイトル・チューン。
私的にはジャケット・デザインも曲の感じもなんとなく "Return to Forever" と被る感じなんですが、このアルバムもいいっすよ。


処女航海処女航海
(2009/06/10)
ハービー・ハンコック

商品詳細を見る
2009/09/10 (木) 21:59
最近、某Gさんの六角穴を舐めたという記事を拝見して、久しぶりに工具ネタを。

ネットとか見てると六角穴付きボルトって結構、舐めやすいらしいですね。
私も経験があって、以前色々調べてたこともあり、お勧め工具とか紹介しようと思います。
特にバイクはこの手のボルトがよく使われているので、持っていても損はないと思います。
まずはHEXレンチから。

s-20090910_wera_HEXレンチ

お勧めは私も愛用しているこの上の写真のドイツのWera(ヴェラ)社製レンチ。
写真では分かりにくいですが、六角穴に面接触する形状が特許になっているようです。
また、軸の部分も丸棒状で太くなっているので通常の六角棒状のものより強度が高いとのこと。
この樹脂チューブが被せられた鉄製のやつの他に、少々高くなりますがSUS製のものもあります。
HEXレンチはこのWera社製以外にもPB Swiss Tools社製なんかも定評があるようです。


次に紹介するのはHEXソケット。

s-20090910_HAZET_HEXソケット
 
これもドイツのメーカーで "HAZET(ハゼット)" という会社の商品です。
ネット徘徊してると 「HAZETのHEXソケットで回らなければ諦めろ!」という文句をよく見かけるほど、その信頼性は高いようです。


最後にこれらの工具の購入について一言。
最近はネット通販で特殊な工具でも安く簡単に手に入るようになりましたが、私がこの手の工具を買うときは専門店に出向く場合が多いです。
手にとって確かめて買う安心感や、店の人から色々アドバイスやうんちくが聞けるのが楽しいからです。
そんな私が大阪でよく行くのは、ナンバにある 『ファクトリーギア』 や日本橋の五階百貨店内にある 『大谷商店』。
特にこの大谷商店の店主のうんちくは深く、とても参考になります。
ファクトリーギアと違ってちょっととっつきにくい雰囲気のお店ではありますが。w


(追記)
後からよくよく考えてみると、Gさんが舐めたパッドピンって六角穴ではなく六角頭でしたっけ?(^^;
思いこみで大ボケかましてしまったかもですが、今更記事を変更するのも面倒なのでこのままいかせてもらいます。m(_ _)m


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)
●車載工具の紹介(その1) (2015/03/16)
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)
2009/09/08 (火) 00:22

s-Weather Report - Birdland

普通、ベースというと裏方的存在ですがJacoが演奏すると何故こうも花形に
なっちゃうんでしょうか?
やっぱイチローみたいに持ってるものがあったんでしょうねぇ。w
Jacoの映像は何を見てもカッコいいです。


Heavy WeatherHeavy Weather
(1997/09/25)
Weather Report

商品詳細を見る

 | HOME | 

2009-09

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。