ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2011/02/25 (金) 21:20
ebay_FMFマフラー
ebayの商品ページ

円高の影響もあって割安感が大きく、思わずポチッてしまいました。
以前、音の大きさに疲れて、すぐに手放したYZ250Fの94dBサイレンサーで懲りてるはずなんですが。。。
あの時のレスポンスの良さの記憶が忘れられないせいか、それとも最近、軽量化に力を入れているNさんの影響もあるのかもしれません。w

まぁノーマルに戻してからも軽量化の観点から社外マフラーには関心があって、ヤフオクとかずっとチェックはしてたんですが、値段が高くて手が出ませんでした。
このFMF社製のQ4は、国内正規代理店の定価設定は \56,910 、国内の大型通販店で \50,080 、ヤフオクでは \34,900 とかで販売されています。
でも上記写真のアメリカのebayの通販サイトから輸入すると、画面にもあるように $249.88 + $63.6 (送料) で入手できるのかな?
為替レート:83円/$で計算すると約 \26,000くらいで買えることになります。
ガーミンのGPSレシーバーのときもそうでしたが、2諭吉台になると俄然ガードが緩くなってしまう傾向があるようです。(^^;

もっとも、海外通販は初めての経験なので分からないことばかり。
費用もこれ以外に関税とか?色々追加があるかもしれませんし、商品もまともな物がちゃんと届くのかドキドキもんです。w
その辺のところは物が到着して、ちゃんと取り付けができたらまた報告したいと思います。




<関連記事>
◆サイレンサー購入(2008/03/26)
◆サイレンサー交換(2008/03/29)
◆サイレンサー交換(2008/08/02)
◆Q4マフラー到着(2011/03/08)
◆Q4マフラー取り付け (2011/05/02)
◆マフラーのウール交換 (2012/04/15)
◆マフラーのウール交換 (2回目) (2014/10/04)
2011/02/23 (水) 00:07
※ 注意
以下のインプレ記事は、大阪近郊の気温での話であることをご承知置きください。
気候の異なる地域では、また話が違ってくるものと思われます。


防風ハンドガード
写真は、自作防風ハンド・カバーの改良版。 w


夏場なんかは、どんなMXグローブでもその使い勝手にさほど差は無いように思うんですが、寒くなってくると色々と悩みごとが出てきます。
舗装路ばかり走るオンロード車と違って、自走でオンもオフも走る場合は、特にその選択が難しくなります。

例えば私の場合、朝の移動時なんかは厳しい寒さに指先が凍てつかないよう、ゴアのインナーにウィンター・グローブのパターン(A+B)を使用。
このラフロのウィンター・グローブ、防寒性はそこそこなんですが、発汗すると中が湿ってきて脱着が非常にやり辛くなるので、インナーを使うことで防寒性と脱着のし易さ両方の向上を図っています。
但し、インナーの有無に関係なく操作性は最悪です。
このパターン(A+B)でダート走行は正直あまりしたくありません。
レバーに指をかけていると、グリップへの握力がかけずらく、激しい動きで手が離れそうになるし、かと言ってレバーから指を外して全指でグリップをしっかりと握っていると、とっさにレバーが非常に引きにくい。

で、今までは林道に入る前に夏用グローブの下にこのインナーを付けるパターン(A+C)にはめ変えて乗ってました。
インナーを付けても操作性は良好、防寒性もそこそこアップして春/秋や、真冬でも林道で遊んでいるときは十分使えます。
でもさすがに移動時は冷たい。
朝夕の行き帰りは言うに及ばず、昼間の林道間の短い移動でも結構、厳しいものがあります。
更に、防水ではないので雪中で濡れたりすると、ますます厳しくなります。

ソロ・ツーなら移動のたびにパターン(A+B)にマメに変えることもできますが、いちいちザックから取り出して変えるのはとても面倒ですし、マス・ツーのときなんかは、変えるタイミングも難しくなります。


A) RSタイチ ゴア・ウインド・ストッパー インナー・グローブ RST121
20110205-02_RSタイチ_ゴアウインドストッパーインナーグローブRST121
4シーズン目にもなると、もう擦り切れてボロボロ。
安いし、使い勝手も良かったので同じものをまた買おうと探しましたが、残念ながら今シーズンはどこも売り切れで終了のようです。






B) ラフ・アンド・ロード プロテクション・ツアラー・ウインターグローブ RR8602
20110204-04_ラフアンドロード_プロテクションツアラーウインターグローブ_RR8602

ラフ&ロードのサイトで見ると、この 「RR8602」 ってタイプは販売終了で、後継モデル 「RR8613」 RR8620 に引き継いでいるみたいです。    
     

    

C) FOX PawTector
20110204-01_FOX_pawtector.jpg

夏用で今使っているグローブ。
当然、防寒・防水・防風性能は皆無、雨や雪中で一旦、濡れるとなかなか乾きません。






というわけで前置きが長くなりましたが、せめて昼間の移動時の寒さに耐えれて尚且つ、操作性の良いグローブは無いものかと、今回、冬のツーリング用ではなくライディング用のグローブを二種類ほど試してみたので、その結果を報告したいと思います。
» 続きを見る。。。
2011/02/20 (日) 23:51
先週に引き続き、連チャンでバイク・ツーリング行ってきました。
東海地方の一部では既に花粉が飛びだしている模様、大阪近辺も来週くらいからやばそうな気がするので、走れなくなる前に頑張って出撃です。

今回はソロ・ツーなので雪の無さそうな所ということで、約3年ぶりのHカンへ。
このエリアには未だ2回くらいしか来ていないので、地図だけでしか知らないルートが山ほどあります。
一人だとそんな奥まで入れないかもしれませんが、まぁ無理せず行ける範囲での探索です。

Hカン01
(T池付近)

このまま見えてる電波塔方向へ抜けたかったんですが、途中でめげて引き返しました。
登りだと、とりあえず頑張ろうって思うんですが、下りでちょっとでもやばそうな所に出くわすと特に一人の場合、なかなか突っ込めません。w

Hカン02

» 続きを見る。。。
2011/02/19 (土) 00:11
13日の雪中ツーの動画(後編)をうpします。
※公開終了しました。m(_ _)m
#071_雪中リベンジ・ツー(後編)


<関連記事>
◆雪中リベンジ・ツー(2011/02/13)
◆#070_雪中リベンジ・ツー(前編)(2011/02/17)
2011/02/17 (木) 20:41
13日に行ってきた雪中ツーの動画(前編)です。
当日の報告記事にも書いたように、前回(1月30日)の雪中ツーとは打って変わって 『軽い雪質+穏やかなお天気』 に恵まれて、絶好のコンディションで雪中走行を楽しむことができました。
※公開終了しました。m(_ _)m
#070_雪中リベンジ・ツー(前編)

※後編はまた後日うp予定。


<関連記事>
◆雪中ツー(2011/01/30)
◆雪中リベンジ・ツー(2011/02/13)
◆#071_雪中リベンジ・ツー(後編)(2011/02/19 )
2011/02/15 (火) 22:59
スネークマンショー(急いで口で吸え!)スネークマンショー(急いで口で吸え!)
(2003/11/27)
スネークマンショー、Dr.ケスラー 他

商品詳細を見る


今日、さりさんから頂いたコメントの中に “スネークマン・ショー” の話が登場しました。
その返事にも書いたように、彼らについては、1981年にLPで発表されたファースト・アルバム 『スネークマンショー(急いで口で吸え!)』 しか私はほとんど知らないんですが、未だ学生だった頃、レンタル・レコード屋でこのアルバムを借りて、カセット・テープにダビングしたやつをよく聴いていたのを思い出します。
もう30年も昔のアルバムですが、よほど内容が衝撃的だったせいか、今でも2ch掲示板なんかで事あるごとに話題に上がったりもします。

スネークマン・ショーについては説明が難しいので、詳細は wikipedia 「スネークマンショー」 を参照して頂くとして、このアルバムの中から私が今でも印象に強く残っているコントと楽曲を各1作品づつ選んで、YouTubeで紹介したいと思います。(まぁ、コントの方は他の作品も印象深いものばかりなんですがw)


まずはコントの方から 「これなんですか」
内容については説明は不要でしょう。
初めて店に買いに行ったときの気持ちがよく伝わってきます。w




楽曲の方は、Klaus Nomi(クラウス・ノミ) の 「The Cold Song」
男か女かよくわからない声質で不思議な世界を醸し出しています。



Klaus NomiKlaus Nomi
(1991/11/05)
Klaus Nomi

商品詳細を見る
2011/02/13 (日) 23:32
前回の雪中ツーは動画を見て頂いても分かるように雪質が重く、かつ適度な積雪量の林道をうまく選べなかったので、いま一つ燃えきれませんでした。
というわけで、今季二回目の雪中ツー “リベンジ編” に行ってきました。

雪中リベンジ編-1

11日は大阪市内でも5cmほどの積雪があり、今日、日曜日は天気が回復した直後ということで、絶好の雪中ツーリング日和。
ルート的には前回の午前の部とほとんど同じ、前回の教訓を生かしてあまり京都北山の奥には入らずに浅目のエリアで雪遊びを堪能しました。

雪中リベンジ編-2

ちょっと残念だったのは倒木の多さ。
この↓の写真の下りは非常に楽しかっただけに、抜けれなかったのが悔やまれます。
10本くらい切ったら通り抜けれたかもしれませんが。w

雪中リベンジ編-3 雪中リベンジ編-4




<関連動画>
◆#070_雪中リベンジ・ツー(前編)(2011/02/17)
◆#071_雪中リベンジ・ツー(後編)(2011/02/19 )
2011/02/11 (金) 23:57
Erik Satie エリック・サティ (1866~1925年)

以前より気になっていて、機会があれば作曲者を調べようとずっと思っていた曲があります。
その曲が某掲示板で紹介されているのを偶然見つけたので、私のメモ代わりに記事にしておこうと思います。
とりあえず、その曲をYouTubeで。



曲名は 『Gymnopédies (ジムノペディ)』 の第1番
色んなBGMなんかでも使われて有名な曲なので、既にご存じの方も多いと思いますが、私はこのフランスの作曲家:Erik Satie (エリック・サティ) という人の名を今回初めて知りました。
Wikipediaで調べてみると、私の好きなドビュッシーラヴェルにも影響を与えたとあります。
確かに、その雰囲気は二人に通じるところがあるようにも感じます。

関連のYouTubeを漁っていると、他にも聞き覚えのある曲が出てきたので紹介しておきます。




 『Je te veux
   (ジュ・トゥ・ヴー)』

 どこで聞いたのか思い
 出せませんが、
 なんとなく懐かしい調べ。





 『Gnossiennes
  (グノシエンヌ)』
 第1番

 よくTVCMで使われていた
 ような・・・




2011/02/05 (土) 23:59
フラッシャー破損01 フラッシャー破損02

先日の雪中ツーで凍結路でこけた際に、後ろのウインカー・ステーを折ってしまいました。
このバイク購入当初、このウインカーを見て 「そう長くはもたないだろうなぁ」 っと言ってましたが、予想を裏切って3年以上も持ちこたえたことになります。

ゲロアタックなんかで、こかしまくっているにも関わらず、これだけ持てば上等でしょう。
それと、気温の低さも影響したのかもしれません。
先日30日は昼間でも1~2℃くらいまでしか上がりませんでしたから・・・

それと今回、同じウインカーに交換して気付いたんですが、ステーの樹脂部分の柔軟性が新品と破損したものとでは全然違いました。
このステー、柔らかい樹脂を使っているようで、ゴムのようにとまではいきませんが結構しなります。
でも、古い破損した方はだいぶ硬くなってました。
低温と経年変化で硬くなって折れやすくなっていたんでしょうねぇ。

交換するときは破損し難い違うタイプのやつにしようかと以前は思っていましたが、結構丈夫なことが分かったし、視認性もデザインも良くて気に入っていたので結局、同じものにしました。
元々、レアル・エキップのリーガル・キットとして購入したもので、高くつくのかなぁ? っと思ってたんですが、調べてみたら、どうもDRC社の標準品を使っているようです。
参考までに商品情報を記しておきます。

DRC社製 LEDフラッシャー Type603(オレンジ)
フラッシャー破損03 フラッシャー破損04
今回、私が購入したのはこちらのお店
2011/02/03 (木) 21:23
1月30日の雪中ツーの動画(前編)ができたのでうpします。

※公開終了しました。m(_ _)m
#068_雪中ツー(前編)


<関連記事>
雪中ツー (2011/01/30)
#069_雪中ツー(後編)(2011/02/04)
2011/02/01 (火) 21:47
SealSkinz Socks


 余談ですが、洗濯後の乾燥に時間がかかります。
 1日半ほど部屋干ししてますが、内側は未だ全然
 乾いてません。
 あまり熱を加えて強制乾燥はさせない方がいい
 ようなので、時間をかけるか裏表をひっくり
 返して乾燥させるか、工夫が要るようです。



Seal Skinz社製 "Mid Thermal Socks"
先日の雪中ツーで使用してみての簡単なインプレです。

当日は寒波のせいで大阪の気温が -1~4℃、雪で遊んだ京都北山の昼間の気温が1℃前後と、テストにはうってつけの厳しい寒さでした。w
帰ってブーツを脱いでみると、案の定、インナー・ブーティや防水ソックスは少しだけ湿っていました。
こうなると普通、帰りの移動時なんかにつま先が痺れてくるくらいに冷えてくるんですが、防水ソックスの効果で快適に帰ってくることができました。

まぁ、快適と言ってもこの気温ですから、ブーツの中がポカポカってわけにはいきません。
ソックスのアウターは少し湿っているわけで、それなりに冷えてはきます。
でも、決して辛い状態にはならなかったので、十分及第点です。
もし、ブーツ・サイズに余裕があるのなら、この防水ソックスの下に薄いソックスを重ね履きするか、もしくは先日の記事にも書いたゴアのオーバー・ソックスを厚手のウール・ソックスの上に履けば、更に暖かいかもしれません。

この防水ソックス、一つ気になるのはその耐久性です。
中間層に入っている防水透湿フィルムが、さほど強い材質のものではないらしいので、局所的に強く伸ばしたり雑に扱うと中で破れたりする可能性があるらしいです。
洗濯もネットなんかを使った方がいいとか。
この効果がどの程度続くのか? 何シーズンくらいもつのか? その辺の見極めにはもう少し時間を要するようです。

<関連記事>
◆防水ソックス(2011/01/29)

 | HOME | 

2011-02

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR