ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/30 (月) 00:15
先日の試走ツーのときに横を通った 「尻無川水門」
目立つ形状でR43からも見えるので昔からその存在は知っていましたが、私はずっとアーチ橋だとばかり思っていました。
場所はここ(地図)

水門01

でも、写真を見て頂いたらお分かりのように、近くで見るとどうも橋ではなさそう?
何か配管か配線でも渡っている特殊な分離可能なアーチか?とも思いましたが、動きの読めない怪しげなメカがあったりで謎は深まるばかり。

水門02

後から思うに、この中央の分割するような形状(矢印部)が、間違った方向へイメージさせた一番の犯人!w
てっきり、高さのある船が通るときは、ここで分割してアーチが開くものだと思い込んでいたため、混乱してしまいました。
水門03-s
帰ってから写真見直してて、名称が
橋ではなく、「尻無川 “水門”」 ということが分かり、YouTubeで下の動画を見て納得!







月に一、二回、動作試験をやっているようなので、興味のある方は動いてるとこを見ることができます。
(参照) 尻無川水門操作規程 第九条(操作点検整備)

また、wiki見てたら良く似た水門が安治川(地図)や木津川(地図)にもありました。
これらもR43から見えるので、恐らく印象に強く残ってたのは3回も視界に現れるからだったんでしょうか?
こんないっぱいあるような認識は全然無かったんですけどね。w
スポンサーサイト
2012/04/28 (土) 18:02
山の方では未だ少し飛んでいるようですが、大阪市内、特に海側はだいぶ花粉の飛散も収まってきました。
G.W.に突入してのっけから絶好の好天ということもあり、花粉メンテ大作戦で色々と触ったとこの確認もしたかったので、近場をぐるっと40kmほどの試走ツーに行ってきました。

試走01

写真は南港のATC(アジア・トレード・センター)裏にある “OZ O's(オズ)岸壁”
奥に見えてる大型船は、別府行きのフェリーさんふらわあ(旧関西汽船)

試走02本当は、バイクのすぐ後ろにいつも停泊している大阪市所有の練習帆船 「あこがれ」 と2ショットを撮りたくて、このOZ O's岸壁に寄ったんですが、残念ながら今日はどこかへお出かけ中のようでした。
(写真は2年ほど前に撮影したもの)

マフラーのウール交換の結果は、思ってた通りそれほど劇的な変化はありませんでした。
アイドリング時の音は逆に少し大きくなったかもしれません。
ウール詰め込みすぎたのかな?w
まぁでも、トンネル内でスロットル開けたときの爆音は解消されていたので、交換した甲斐はあったというもの。
あとはこの効果がどれほど持続するかですね。
FMF標準のウールでちょうど1年(4,500km)でしたから、それ以上もってくれるよう期待したいところです。
 (参考)
   ●マフラーのウール交換 (2012/04/15)

咲洲(さきしま)~夢咲トンネル~夢洲(ゆめしま)~夢舞大橋~舞洲(まいしま)~此花大橋~弁天町経由~咲洲トンネルとぐるっと一回り。
写真は、今となっては車で岸壁際まで乗りつけられる貴重な場所の一つ。

試走03

さて、特に問題も無く試走も終わり。
出撃本番はとりあえずG.W.後半に “こそツー” から始めてみようかと思っていますが、どうも後半はお天気がいまいちパッとしなさそう?
前半走れなかったことを後悔することにならなければいいんですが・・・

以上、報告終わり。




試走04+(2012/4/29 追記)
第五岸壁付近より港大橋の橋脚










【関連動画】
●#107_試走ツー (2012/05/02)
2012/04/15 (日) 01:00
さて、「花粉メンテ大作戦」 も予定分としては最後のミッションとなりました。
第4弾最終ミッションは、マフラーのグラス・ウール交換です。

ウール交換01

今はFMFのQ4マフラー(2011年)を使っていて、ちょうど1年で4,500km走行になります。
アイドリング時の音はそうでもないんですが、開けたときの音が煩くなってきて、ツーメンバーからも私のWRが一番煩くなってきたなぁと指摘されてしまいました。(^^;
というわけで、これまた初体験になるんですが、マフラー吸音材の交換作業にトライです。

参考にしたのは、FMFの日本総代理店でもあるマルカワ・レーシングさんのH.P.に紹介のあった交換作業動画。
恐らく自分でやるときは、動画みたいにはうまくいかないんだろうなぁと思っていましたが、やってみると意外に簡単に交換することができました。
ただ、グラス・ウールは物によって、肌に付いたらチクチクしたり、また呼吸で体内に入ったり、目に入ったりするのはよろしくないですし、またマフラー内に溜まっているススなんかもいっぱい出てきて、汚れ方が通常のメンテとは違ってくるので、作業環境には注意が必要です。
手袋は当然ながらマスクやゴーグルも付けて、あと間違っても室内ではやらない方がいいと思います。
それでは作業を開始。
» 続きを見る。。。
2012/04/13 (金) 00:29
マス・ツーでフラット林道なんかを走ると、いつも誰か一人くらい飛び石の犠牲者がでます。
特に速い人たちなんかがバトル・モードに入ると必ず。w
私なんかはいつもすぐに引き離されてしまうので、未だそんな大きな被害にあったことはないんですが、ウィンカーやフォーク・プロテクターが割れたり、ヘッド・ライトのレンズにヒビが入ったりってのは日常茶飯事です。

レンズガード03中でも一番悲しくなるのが、ヘッド・ライトのレンズ破損。 (フォークのアウターチューブ破損はもっと泣けますが)
物によるかもですが、ライト・ユニット交換すると諭吉さんが消えていきます。
ちなみに私が今乗っている07-WR250Fのユニットはこれくらい。 →




ということで、みなさんヘッド・ライトの飛び石対策には色々と工夫をされています。
KTMなんかにはヘッドライトグリッドとかいう専用のパーツがあるようですが、他のバイクの場合はなかなかそういった設定が無いので、骨入りの金網で覆ってみたり、パンチング板金をスペーサーかませてボルトで付けてみたりと、自作される方が多いようです。

で、私はと言いますと、そこまで凝ったD.I.Y.はようせんので、樹脂系パーツでごまかしています。
「花粉メンテ大作戦」の合間、汚れが目立ってきたmyレンズ・ガードをリニューアルしたので、この機会にご紹介してみたいと思います。

しかし、なんか汚ねぇ。w (一応、リニューアル前の写真です)
レンズガード01-s
» 続きを見る。。。
2012/04/12 (木) 02:35
クリック御礼

にほんブログ村のバイク・ランキング・ボタン、以前は毎日のように押してくださる方は数名程度に限られていたんですが、最近、「花粉メンテ大作戦」 の記事のウケが良かったせいなのかどうか、ポチってくださる方が増えてきました。
おかげ様で先程、“オフロード” のカテゴリーで初めて1位になりました。
ポチってくださったみなさん、有難うございました。
取り急ぎ、お礼申し上げます。

もっとも、最近は上位混戦模様なので、恐らく明日の朝にはランク・ダウンしてるような気もします。
なので記念にスクリーン・ショットを撮っておきました。w

今後とも当blogをよろしくお願いします。

strider
2012/04/10 (火) 00:10
前回の 「花粉メンテ大作戦」 第3弾 :ケーブル交換の続きです。
前回はクラッチ・ケーブルでしたが、今回はホット・スターター・ケーブルの巻き。
こちらは特に何の不具合も無かったんですが、交換の理由は・・・前回の記事を参照ください。w

交換部品はこれだけ。
ホットスターター01

若干、レバーの動きが重くなってたので、一度プランジャーんとこバラしてクリーン・アップでもせなあかんかな?と思ってたとこなんで、ちょうど良かったか?
ではさっそく作業に取りかかります。
» 続きを見る。。。
2012/04/07 (土) 23:29
「花粉メンテ大作戦」 第3弾はクラッチとホットスターターのケーブル交換です。
当初はクラッチ・ケーブルだけ変える予定だったんですが、間違えて最初ホット・スターターのケーブルを手配してしまったため、一緒に交換することにしました。

ケーブル01 ケーブル02
  (HANDLE SWITCH & LEVER)    (STEERING HANDLE & CABLE)

クラッチ・ケーブルをパーツ・リストで探したとき、最初に目に留まったのが左の "HANDLE SWITCH & LEVER" ってページで、クラッチレバーも書いてあるし、てっきり品番12(5UM-26334-E0)がそうだと思い込んでしまったんですよね。
品物が届いて見てみたらなんだかタイコがやけに小さい!

ケーブル03 ケーブル04 ケーブル05

ん? これってなんか大きなタイコ部品が他にあって、かぶせたりするのかな?とか思いましたが、パーツ・リスト見てもそんな記述は無さそうだし・・・

で、もう一度パーツ・リストをよく見てみたら右の "STEERING HANDLE & CABLE" ってページが別にあって、クラッチ・ケーブルはそちらに記載がありました。
もっとよく見ろよな!って感じです。 とほほ

再手配して部品が揃ったところで、では交換作業にかかるとしましょう。
» 続きを見る。。。
2012/04/04 (水) 21:46
爆弾低気圧すごかったっすねー。
勢力は衰える気配を見せず、北海道では未だ今も防風域になっているようで、台風よりエネルギッシュな感じさえします。
2日から予報はされていたので警戒はしていましたが、大阪の午前中はたいした風も無かったので少し油断してしまいました。
爆弾低気圧01-s13時頃から雲の様子がヘンになってきて、15時頃には暴風雨状態。
車で此花大橋渡ってるとき、前は見えんわ、トラックは風に流されて車線塞いでくるわで、なかなかスリリングでした。
20時頃になってようやく落ち着いてきたので、メシ食いに出たら近くの歩行者用信号機がこんなことに。 →

首の部分でポッキリと折れたようで、逆さま状態のままトラロープで結んであります。
メシ食い終わって帰りしなに見たら、工事関係者が信号機の様子を伺っていたので、さっそく修理かな? と思ってら・・・


爆弾低気圧02-s今日、見たときにはもう直ってました。
仕事が早い!w

ただ、以前よりちょっと背が低くなったような気が・・・
う~ん、きっと気のせいかな?w









ところでこの 「爆弾低気圧」 という言葉、調べてみたらちゃんとした定義があるんですね。

爆弾低気圧(meteorological "bomb")とは、急速に発達し、熱帯低気圧並みの風雨をもたらす温帯低気圧をいう。
MITの気象学者Frederick Sandersらが提唱した語であり、低気圧の緯度を φ とし、24時間で 24×(sin φ/sin 60°) hPa 以上の中心気圧の低下が見られたものをいう。
冬から春先にかけて、日本付近、アメリカ合衆国東海岸、ニュージーランド付近などで頻繁に発生している。
ただし気象予報用語としては使用しない用語とされ、気象庁ではかわりに「急速に発達する低気圧」と表現している。

wikipedia 「低気圧」 より


今回、日本海付近を発達しながら進んでいったこの低気圧、緯度にするとおおよそ北緯38°くらいでしたから、計算すると24時間で約17hPaくらい気圧が下がると爆弾化するわけですね。
ニュース記事とか見てると、2日21時で1006hPaだったのが3日21時には970hPaということで、その差36hPa!
こりゃ大型爆弾って感じっすね!?
2012/04/02 (月) 01:04
「花粉メンテ大作戦」 第2弾は初体験のステム部のメンテにトライです。

ステム01

準備編でも書きましたように、とりあえずベアリングの交換は敷居が高そうなので今回はパスして、グリス・アップのみチャレンジ。
なんとか半日作業で終えることができましたが、結構たいへんでした。w
ベアリングのグリス・アップ自体は簡単だったんですが、そこへたどり着くまでが一苦労。
ではそんなメンテ作業の様子をよろしければご覧ください。
» 続きを見る。。。

 | HOME | 

2012-04

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。