ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/02 (金) 19:15
SG-s.jpg 20070302181911.jpg 20070302181957.jpg 20070302181925.jpg

音楽CDなんかでよく“ベスト・アルバム”ってのがありますが、基本的に私はこのベスト盤ってやつが嫌いです。

アルバムってのは音楽家、即ち芸術家であるミュージシャンが作った一つの“作品”であるわけで、その時折々のミュージシャンの感じたことや、訴えたいことを作品全体で表現してると思うんですよね。

だからたとえコンセプト・アルバムでなくても、そこにはテーマというか何か基本となる流れみたいなものが少しはあって然るべきだと思うわけですが、ベスト盤となると当然そういったものがほとんど感じられません。
もっとも世の中にはただ曲を寄せ集めしただけみたいな感じのアルバムもありますが。。。

しか~し、私にとってこの3枚のLPアルバムについては、ちょいと話が違ってきます。w
小学生6年くらいのときに入手したこの3枚のベスト・アルバム、

●Simon & Garfunkel (Gift Pack) 
●The Beatles 1962~1966 (通称:赤盤)
●The Beatles 1967~1970 (通称:青盤)

は、私の音楽の原点とも言えるアルバムで、思春期の頃の思い出と共にある宝物のような存在です。
もう何回聞いたかわかりません。

もっとも今ではLPプレーヤーも配線をはずして別の場所に置いてあるので、全く聞かなくなってますが、収録されてる曲自体は別のCDアルバムで今でもよく聞いています。

このS&Gのアルバムのライナー・ノーツにはこんなことが書かれてます。

「パパかママか友達からのプレゼントか、自分のお小遣いで買ったのかは
 知りませんが、このアルバムを手にして、おめでとう。 
 あなたは3年後にもこのアルバムに聞き入っているかもしれませんし、
 3ヶ月後には他のアルバムに聞き入っているかもしれません。
 いずれにしても、このアルバムを聞いた時間はムダにはならないと
 思います。」

そう確かに、私はLPプレーヤーが現役だった20年後くらいまで聞いてましたねぇ!w

で、アルバムもそれだけ聞いちゃうと曲の順番まで脳に強くインプットされてしまいます。
“Come Together” の後は “Something” でオリジナルのアルバム 『Abbey Road』 での順番と同じなので問題ないのですが、 “Across The Universe” の後は “I Me Mine” ではなく、 “The Long And Winding Road” でないとイマイチしっくりきません。
もうベスト・アルバムとしての私のオリジナル・テーマというか、流れができてしまってる感じです。

こうやって見ると、ベスト盤の存在意義もまんざらではなさそうですよね。
その世界へ導いてくれる水先案内人のようなそんな感じでしょうか?

1962-1966 1962-1966
The Beatles (1993/10/05)
Toshiba EMI
この商品の詳細を見る

1967-1970 1967-1970
The Beatles (1993/10/05)
Toshiba EMI
この商品の詳細を見る

<コメント>

はじめまして。
確かに、ベストアルバムは、???という感じがしますね。
私にとっては、ビートルズやストーンズはベスト版でも比較的
聴けるのですが、クラプトンのベスト版などは、聴けたものじゃ
ないという感じです。
その差がどこにあるのか分かりませんが・・・。
オリジナルアルバムを聴いた回数と関係があるのでしょうか?

しかし、学生時代のようにCDを買いまくれなくなった今、
ベスト版に頼ることも・・・。しかもレンタルCD→MP3。
昔ほど、こだわりがなくなってしまったのかもしれません。
かなしいことです。

最近では、CDの新譜を買うようなことは、めったになくなって
しまいまったため、最近の音楽情勢にも、めっきり疎くなって
しまいましたが、
ジョン・メイヤーあたりが、けっこう気に入っています。

余談ですが、初めてBOSEのオーディオを車に付けてみた
のですが、全然違いますね。
音源をMP3にしてしまうと、何となく心に届かないような、
薄っぺらい音になってしまうような気がするのですが、
BOSSで聴くと、いく分、ましなような気がします。

>bookworkerさん

こんにちは!はじめまして!
ベスト盤の選曲方法にも色々違いがあるみたいで、
レコード会社が選曲したり、ファン投票で決めたりってのもあるみたいです。
で、Beatlesの赤/青盤はメンバーのジョージが選曲したらしいです。
そんな事も関係してるのかもしれません。

車でいい音出すのは、ある意味ホーム・オーディオより難しいかもですよねぇ。
私も車や外で音楽聴くときはi-Pod派なので全て圧縮音源です。
いい音で聴きたいソフトはlameの320kbpsでエンコしてます。
もっとも最近は面倒なのでi-tunesのAAC128kbpsですることが多くなりましたが。(^^ゞ

赤盤青盤は私にとってのベスト盤ではありませんが 有名曲は揃っていますね。
私もBeatlesリアル世代じゃないので それが入門編でした。もっとも赤盤青盤がCD化されたのは結構後だったので うちにあったのはLPと赤盤青盤の海賊版の3枚組のアルバムでした。
でも私がBeatlesの好きな曲を5曲選ぶとしたら 赤盤青盤チョイスの曲は一曲も入らないだろうなぁと思います・・・。
でも不思議なことにBeatlesの曲が流れたら その続きを赤盤青盤の並び順に連想しちゃうのは 私も一緒です。

>けたさん

>でも私がBeatlesの好きな曲を5曲選ぶとしたら 赤盤青盤チョイスの曲は
>一曲も入らないだろうなぁと思います

なんかすごいマニアックな発言っすね!?w
確かに赤/青って一般受けする曲が多いとは思いますが、私の場合
“Let It Be” と “While My Guitar Gently Weeps” はBest5に入るかなぁ。。。

原点

はじめまして、コメントありがとうございました。
私がBeatlesを聴きはじめたのがちょうど中1の頃でこの赤・青盤からでした。洋楽をよく聴くようになったきっかけもこのアルバムからだと思います。そして同じように曲順もこのベストアルバムで次の曲が浮かんできてしまいますね。でもこのアルバムをあのときに聴いて本当によかったと思ってます。

>ろうずさん

こちらこそわざわざ訪問頂いて恐縮です。
しかし小6と中1、境遇がなんとなく似てますねぇ、、、
まぁ世代はちょっとずれてるかもですけど。(^^ゞ

ろうずさんとこへはまた覗きに寄させて頂くと思うので、今後ともよろしく
お願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/27-ef273279

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。