ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/07/23 (水) 00:28
オフロード・バイクの耐久レースでは水分補給に "camelbak" みたいなのがよく使われます。
飲料の入ったタンクをザックのように背中に担ぎ、そこから口元へ伸びたチューブでバイクに乗りながらにして自由に飲むことができるというもの。

私はレースなんかはしないのですが、それでも夏場にハードなコンディションの林道なんかに行くと1.5~2リットルくらいすぐに空けてしまうような状況になる場合もあり、以前よりこういった “ハイドレーション・システム” には関心がありました。
しかし、ツーリング用の装備や荷物をザックに入れて担いでいるせいでキャメル・バックは使えないと半分諦めていたところ。。。

ひょんなことで普通のザックの中なんかにタンクを入れて使用するシステムとかペットボトルなんかを利用して使うシステムがあることを知り、さっそく導入したのがこの “スマー・チューブ” ってやつ。
(登山用品店なんかで売ってます)

smar_tube-01 smar_tube-02 smar_tube-04 smar_tube-03
これはペットボトルを利用するタイプのもので、キャップ部分には均圧用のワン・ウェイ・バルブも付いています。
昨日、和泉山系行ったときに使ってみましたが、いちいちザックを下ろすことなくこまめに水分補給できるのは有難いです。
登山用のザックなんかだと、ちゃんとハイドレーション・システムのチューブ貫通用の穴が開いてたりしてセットも簡単。(写真右)

ただ最近、暑さで走りに出る気力・体力が落ちてきているので今後どの程度活躍の場があるかは非常に疑問です。w
まぁでも、\1,890という価格は他のハイドレーション・システムに比べてもたいへんお安い設定なので、導入編として試してみる価値は十分あると感じています。




<関連記事>
●スマー・チューブ (2011/08/23)

<コメント>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/309-cdcb567c

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。