ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/15 (土) 15:19
shawshank.jpg

ネタに困ったときの 『Best5 シリーズ』 、今回は映画音楽編でいってみようと思います。
極力、ストーリーや音楽自身の内容は置いておいて、その “つながり” の良さとでも申しましょうか、映像とのマッチング具合、その音楽を聞いただけでその場面や見たときの感動が呼び起こされるようなそんなところに主眼を置いて曲を選んでみました。
(まぁ、どうしても好きな映画や曲の中から選んでしまうことにはなってしまいそうですが・・・)

あと、既存の曲を挿入歌として利用みたいなものは除いて、できるだけその映画オリジナルの曲を(例外もありますが)選ぶようにしました。

それでは絞り切れず最終10曲になりましたが、私の独断と偏見の “映画音楽 Best10” です。

10位) A Clockwork Orange (時計仕掛けのオレンジ) (1971年)

 

『2001年宇宙の旅』 でも有名なスタンリー・キューブリック監督作品。
私の好きな管理社会モノSF映画ですが、結構、過激でえげつないシーンとかもあってあまり万人に薦められる内容ではない気もします。
このYouTubeは映画の出だしのシーンですが、のっけからこの映像と音楽で強烈なイメージを発散しています。
音楽は 『トロン』 の音楽も手掛けているウォルター・カーロス





9位) Gattaca (ガタカ) (1997年)

 

引き続きこれも近未来管理社会モノSF映画ですが、こちらはNASAの現実化1位のお墨付きを得ているそうです。w

音楽は 『ピアノ・レッスン』 なども手掛けている Michael Nyman(マイケル・ナイマン)

夢は叶うも哀しさが込み上げてくるこのラスト・シーン。
ナイマンお得意の叙情的な旋律が心に沁みてきます。





8位) Black Hawk Down (ブラックホーク・ダウン) (2001年)

 

ソマリアで実際に起こった戦闘を元に描かれたアメリカの戦争映画。
監督は後でも再び登場するリドリー・スコット
音楽もこれまた後で登場するハンス・ジマーとリサ・ジェラルド。

撃墜されたヘリのアメリカ兵乗員を救助に行くも現地の敵民兵に囲まれ、追い詰められていく悲惨な状況がよく伝わってきます。





7位) The Terminator (ターミネーター) (1984年)

 

映画の説明は不要でしょう。w
シュワちゃんの代表的作品
音楽はブラッド・フィーデル

短いながら、近未来の人工知能に支配され終焉を迎えるかもしれない世界の緊迫感や、ロボット物に共通の悲しさがよく表現されていてインパクトのある曲だと思います。





6位) The Lord of the Rings (指輪物語) (2001~2003年)

 

以前、記事で取り上げたこともあるファンタジー小説の金字塔。
映画化は難しいとされていましたが、とても完成度の高いいいできだと思います。

音楽は自身もトールキンの大ファンだというエンヤが提供した主題歌 "May It Be" も素敵なんですが、今回はあえて音楽担当のハワード・ショアが作ったメイン・テーマの方を紹介しておきます。
 
 



5位) The Da Vinci Code (ダ・ヴィンチ・コード) (2006年)

 

音楽は先の 『Black Hawk Down』 にも登場し、その他にも 『Gladiator (グラディエーター)』『Pirates of the Caribbean (パイレーツ・オブ・カリビアン)』 をはじめ多くの作品を手掛けているハンス・ジマー

謎を解き明かしていくときの高揚感を上手く表現していて、物語をとてもよくサポートしていると思います。





4位) Léon (レオン) (1994年)

 

曲はご存じ Sting の "Shape of my Heart"
オリジナル・サウンド・トラックとして扱っていいのかよく分からないんですが、一応、この映画用に書き下ろされた曲みたいです。

レオンの悲しい運命や、最後一人取り残され形見の植木をかかえたマチルダの後姿と絶妙にシンクロする名曲です。





3位) Blade Runner (ブレード・ランナー) (1982年)

 

SF映画ネタとして以前取り上げたこともある 『Blade Runner』

音楽はミュージシャンとしても有名なギリシャ人の Vangelis(ヴァンゲリス)
他に 『Chariots of Fire (炎のランナー)』や邦画の 『南極物語』 のテーマ曲なんかも作っているようです。
上にうpしてるのはエンディング・テーマ曲ですが、ブレード・ランナーのOSTにはこれ以外にも名曲が揃っています。





2位) Man on Fire (マイ・ボディガード)  (2004年)

 

トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンとのコンビ作品は 『Crimson Tide (クリムゾン・タイド)』 や 『Déjà Vu (デジャヴ)』 なんかも好きなんですが、音楽的にはこの 『マイ・ボディガード』 のラスト・シーンがなんとも印象的で心に残ります。

デンゼル・ワシントン演ずるクリーシーがピタ(ダコタ・ファニング)からプレゼントされた聖ユダのペンダントに触れながら息を引き取っていくシーンや、Lisa Gerrard(リサ・ジェラルド)の物悲しい歌声が心に沁みてきます。




1位) Once Upon a Time in America (1984年)



Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)は 『A Fistful of Dollars (荒野の用心棒)』 等の西部劇物から 『Nuovo cinema Paradiso (ニュー・シネマ・パラダイス)』『The Untouchables (アンタッチャブル)』 等数多くの名曲を作っていますが、中でも私の一番のお気に入りがこのセルジオ・レオーネ監督作品の映画 『Once Upon a Time in America』 の音楽です。

アメリカ禁酒法時代のギャングの一生を描いた作品で、物語として派手な展開は無いんですが、少年時代の貧しさや思春期の恋心、傷ついていく友情や時と共に変わっていく人間模様が街の情景と共にきめ細やかに描かれていて、哀愁を漂わす音楽と共に画面から溢れ出てきます。

 


以上です。
こうやって見返すと、哀しい感じの曲が多いっすね。
やっぱ心に深く感動を残すのは喜劇より悲劇なんでしょうか?
それとも私の性格が根暗なだけでかもしれませんが。w

<コメント>

懐かしい~

冒頭の画像は「ショーシャンクの空に」ですね 超好きな映画です
Once Upon a Time in America の音楽いいですね♪
striderさんはかなりのクラシック好きでしょ シンフォニックな
サウンドがお好みのような気がします。
私は「ある日どこかで」のラフマニノフの曲が大好きです!

>さりさん

「ショーシャンクの空に」正解です!w
映画のランキングやると、たいてい上位に入ってくる名作ですよね。

「ある日どこかで」は昔、さりさんが記事に書かれているのを見て私もレンタルして見た覚えがあります。
ラブ・ストーリーにプラス、SFっぽいタイム・パラドックス的な魅力も加わって非常に印象に残ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=iEILaEPkjaM

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/615-685ba1dc

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。