ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/02/01 (火) 21:47
SealSkinz Socks


 余談ですが、洗濯後の乾燥に時間がかかります。
 1日半ほど部屋干ししてますが、内側は未だ全然
 乾いてません。
 あまり熱を加えて強制乾燥はさせない方がいい
 ようなので、時間をかけるか裏表をひっくり
 返して乾燥させるか、工夫が要るようです。



Seal Skinz社製 "Mid Thermal Socks"
先日の雪中ツーで使用してみての簡単なインプレです。

当日は寒波のせいで大阪の気温が -1~4℃、雪で遊んだ京都北山の昼間の気温が1℃前後と、テストにはうってつけの厳しい寒さでした。w
帰ってブーツを脱いでみると、案の定、インナー・ブーティや防水ソックスは少しだけ湿っていました。
こうなると普通、帰りの移動時なんかにつま先が痺れてくるくらいに冷えてくるんですが、防水ソックスの効果で快適に帰ってくることができました。

まぁ、快適と言ってもこの気温ですから、ブーツの中がポカポカってわけにはいきません。
ソックスのアウターは少し湿っているわけで、それなりに冷えてはきます。
でも、決して辛い状態にはならなかったので、十分及第点です。
もし、ブーツ・サイズに余裕があるのなら、この防水ソックスの下に薄いソックスを重ね履きするか、もしくは先日の記事にも書いたゴアのオーバー・ソックスを厚手のウール・ソックスの上に履けば、更に暖かいかもしれません。

この防水ソックス、一つ気になるのはその耐久性です。
中間層に入っている防水透湿フィルムが、さほど強い材質のものではないらしいので、局所的に強く伸ばしたり雑に扱うと中で破れたりする可能性があるらしいです。
洗濯もネットなんかを使った方がいいとか。
この効果がどの程度続くのか? 何シーズンくらいもつのか? その辺の見極めにはもう少し時間を要するようです。

<関連記事>
◆防水ソックス(2011/01/29)

<コメント>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/621-cda49130

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。