ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2012/02/16 (木) 00:07
以前、当blogで紹介したSTRAIGHTの安いオイル・ドレイン・ワッシャーについて、ちょっと問題が出たので報告だけしておきたいと思います。

【参照】
●オイル・ドレイン・ワッシャー (2011/11/02)

WRFのオイル・ドレインは2ヶ所あって、クランク・ケース側は銅ワッシャー、オイル・タンク側はアルミのワッシャーを使っているんですが、今回問題が出たのはオイル・タンクのアルミ・ワッシャーの方。

オイルドレイン

新しいワッシャーにして600kmほどで一度オイル交換、そのときケチって同じワッシャーで使い回し、その後500km走って二度目のオイル交換のとき、ドレイン・ボルトが緩んでオイルが漏れていることに気づきました。

オイル・タンクの場合は上にある空気抜き用のボルトを外さないとほとんどオイルは抜けませんし、配管系統的にエンジン稼働中でもそんなに圧が上がらない場所だった(?)せいなのかどうか、抜けたオイルの量はスキッド・プレート上に留まっている程度で、今回は事なきを得ました。
でも、サイト・グラスで油面が見えるほどまでには減っていたようです。
(オイルはいつも規定値より1割増しで入れているので、サイト・グラスは車体を傾けようがエンジンかけようが常に満液状態)
大事に至らなかったのは、元の量が多めだったことも幸いしたのかもしれません。
でも気づいた段階でボルトが1回転近く緩んでいたので、もし気付くのがもうちょっと遅かったら、やばいことになってたような気がします。

今まで純正のアルミ・ワッシャーを何回使い回ししても、こんな緩みが出たことなんか無かったので、恐らく品質の差によるもののような気がします。
扱ったときの感じも、質感が少し安っぽいというか、弾性が無くて硬い感じがしていたので、純正とは材料のアルミの種類が違うのかもしれません。
とにかく、使い回しは避けた方がよさげです。

クランク・ケースの銅ワッシャーの方は一度使いまわした後でも緩んでいる兆候は見られませんでしたが、今後こちらもSTRAIGHTのを使うときは毎回交換しようと思っています。
やっぱ、安い物にはそれなりの違いが何かあるものなんですね。
私のblog記事を見て、STRAIGHTのワッシャーを使うようになった人がいるかどうか分かりませんが、もしいらっしゃったら注意するようにしてください。

<コメント>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/735-70ed2a59

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR