ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2012/03/18 (日) 01:28
「花粉メンテ大作戦」 は只今、次なるオペレーションに向けて色々と準備中なんですが、そんな中の一つで 「ステム・ベアリングのグリスアップ」 の準備編を今回はお送りしようと思います。

ステム・べアリングはバイク購入当初より未だ一度もチェックしたことがありません。(^^;
5年弱で25,000km以上走行していて、特に今まで不具合を感じたことも無かったんですが、いつもお世話になっているショップのNさんから、「ハンドルの動きがスムーズではなかったので、少し緩めに締め付けておきました。」 と、最近FサスのO/Hをお願いしたときに指摘がありました。
そろそろベアリングなんかを交換した方がいい時期なのかもしれませんが、なんせ自分で触ったことのない部分なので、今回の “花粉メンテ大作戦” としては、ステム周りの状況確認ということで、グリス・アップだけにしておこうかと思っています。
ステム03というのも、マニュアル見てるとベアリング周辺部品の交換には、タガネでベアリングを外すとか、SST(Special Service Tool:特殊専用工具)が多く使われていて敷居が高そうなんですよね。

で、とりあえずグリス・アップするにも
ステム周りはバラさないといけないので、
それにどんな工具が必要なのか調べ
始めたんですが、いきなし問題が
いくつか出てきました。

(写真はYZ250FのS.M.)




<問題点>
1) ステムナットがでかい!
   六角の二面幅32mmの工具なんか持ってません。w

2) ステムナットの締め付けトルクがハンパない!
   145N・mってリアのアクスル(27mmの締め付けトルク125N・m)より
   でかいじゃないですか!
   今、持ってるトルク・レンチはレンジが20~100N・mなので、そのままでは
   使えないし、ネット検索してたら、500mmのスピンナ・ハンドルでも緩め
   られず、パイプで延長したとかいう記事も出てきました。

3) 32mmのソケットは1/2"sqしかなく、しかも結構高い!
   私が持ってる工具類は基本、3/8"sqで、トルク・レンチもスピンナ・ハンドルも
   3/8"sq
   KTCのソケットB4-32Wで定価\1,700くらい
   KTC [ 京都機械工具 ] 自動車専用工具 ソケットレンチ B4-32W

4) 32mmのメガネ・レンチ見てたら、これまた高い!
   値段もKTCのM5-2632で\7,000くらい
   M5-2632 KTC 45度×6度ロングめがねレンチ26×32mm

5) ステアリングナットの専用工具がない!
   最悪、マイナスの貫通ドライバーで、Rサスのイニシャル触るときみたいに
   コンコンやればいけるかもですが、トルク管理がそれではできなくなります。
   まぁ、この辺の調整は数値より、実際のステアリングを動かしたときの感覚で
   調整するべきところなのかもしれませんが、なんせ初めて触る部分なので、
   最初のとっかかりの調整ベースとなる締め付け加減はトルク・レンチで出して
   おきたいところ。


というわけで、色々悩んだりネット彷徨ったりして、最終的にたどり着いた答えがこうなりました。
まずはステムナットの作業用で揃えたのが以下の通り、

ステム09トルク・レンチ
これは手持ちの分で
3/8"sq 20~100N・m


ステム02ソケット・コンバーター
straight製 3/8"(凹)×1/2"(凸)
@400

FLAG(フラッグ) ソケットコンバーター 3/8"×1/2" STRAIGHT/10-1988



ステム07ソケット
AP製 30mm - 1/2"sq
@540

AP@1/2DR スタンダードソケット 6PT 30mm



ステム08六角ボルト+ナット(2ヶ)+平座金(2ヶ)
ホームセンターにて
M20×60(ユニクロ)
計400くらい





ステム01メガネ・レンチ
straight製 30×32mm
@2,210

(STRAIGHT/ストレート) メガネレンチ 30×32(mm) 11-1330



さて、これでどうするのか?
察しのいい人はもうお分かりでしょう!?
先日のトルク・アダプターの応用編みたいな感じでこうします。

ステム06

手持ちの3/8" - 20~100N・m トルク・レンチを無理やり使えるようにしたケチケチ大作戦。
追加費用は計\3,550で済みました。
緩めるときも、350+330=680mm のスピンナ・ハンドル代わりとして使えるかも?w


次にステアリングナットの工具は、学生時代、チャリのBB(ボトム・ブラケット)部のメンテ用で使っていたsugino製の専用工具を形状が似ていたので引っ張り出してきました。
ステム05ステアリングナットのサイズよりBB用工具の方が少しRが大きかったんですが、なんとか使えそうだったのでこれでトライしてみようと思います。





ステム04締め付けトルクについてはこんな感じで。
ベアリングが馴染んだ後の二回目の締め付け値が7N・m(0.7kg・m)ということなので、200mmの所で引っ張るには3.5kgとなり、手持ちの8kgバネばかりでぴったりいけます。
すばらしい!w


さ~て、これでメンテできるかどうか、結果報告はまた後日。


【花粉メンテ大作戦】
●リンクのグリス・アップ (2012/03/12)
●チェーン・スライダーの軽量化? (2012/03/13)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●Rサスのロワー・ベアリング交換 (2012/03/24)
●ステム・ベアリングのグリス・アップ (2012/04/02)
●クラッチ・ケーブル交換 (2012/04/08)
●ホット・スターターのケーブル交換 (2012/04/10)
●ヘッド・ライトのレンズ・ガード (2012/04/13)
●マフラーのウール交換 (2012/04/15)

<コメント>

すごいすごい!!!

延長トルクレンチはお見事です!
やはり苦しい時のstraight頼み、知恵と工夫で何とかなるもんですね~!

XR系は結構ステム辺りに水が溜まり易いみたいで錆び付いて酷い状態の車両があるんでオイラも常に気にかけています。

作業、頑張って下さいね。

>汗かき隊長さん

お褒め頂き、有難うございます。
未だこれで成功するかは分かりませんが、頑張ります。
やはり、お財布に影響する状況になると、いつも以上に知恵が回るようです。w

>水が溜まり易いみたいで錆び付いて酷い状態の車両があるんで
私がバラしてそんな状態だったら、もうお手上げでショップ直行でしょうね。
準備してるのは工具とグリスだけですし。
きっとバラすときはドキドキもんです。w

京都には確か南I.C.付近に一軒しかなかったように思いましたが、さすが汗かき隊長さん、straightをご存知でしたか!
ほんと困ったときには何かと頼りになります。
ただ、港の方に越してからは距離が離れてしまったので、最近は堺のAP(アストロ・プロダクツ)をよく利用しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/745-43260d50

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR