ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/29 (日) 20:53
★★★★★
銀河帝国の崩壊 都市と星
※『銀河帝国の崩壊』の表紙の白い部分は紙が破けてるだけです。

当局の絶対的な管理体制の下、真実の世界や本来の人間的な世界から疎外された生活を虐げられる様を描いたような、いわゆる “ディストピア” もののSF作品は結構あります。

記憶に新しいところでは映画で大ヒットした 『マトリックス』 や、映画専門チャンネル等でよく放映されてる 『アイランド』、マトリックスの元祖とも思えるようなアクションが魅力の 『リベリオン
ポール・マッカートニーが好きだとインタビューで答えているのを聞いて知った 『時計じかけのオレンジ』、また小説の方では古いところではジョージ・オーウェルの 『1984年』 や、レイ・ブラッドベリの 『華氏451度』 なんかが有名です。

そんな中でも特にお気に入りなのが、Sir Arthur Charles Clarke(アーサー・C・クラーク)の 『Against the Fall of Night(銀河帝国の崩壊)』 (1953年)と 『The City and the Stars(都市と星)』 (1956年)です。
『都市と星』 はクラーク本人が 『銀河帝国の崩壊』 を書き直した作品で、本人がいかにこの作品に愛着を持っていたのかが伺えます。
また、『銀河帝国の崩壊』 は書き直されたとはいえ、初期の作品ならではのストレートに読者を引き込む魅力は十分で、今も尚人気を有している素敵な作品です。

両作品とも管理社会ものによくある暗い陰湿な雰囲気はなく、外世界を探り求めていく冒険心をくすぐるような展開は、SF入門者にとってもヘビーな読者にとっても満足いく作品だと思います。

<コメント>

懐かしい・・・

「時計じかけのオレンジ」懐かしいですねぇ。最近CATVでもよく放映されています。「1984」はデヴィッド・ボウイが題材にして歌っていますが、この曲も大好き。「ディストピア」っていうのですね。勉強になりました。

時計じかけのオレンジ

確かにキューブリック監督作品って映画専門chなんかではよく放映されてますねぇ。
どの作品もみな一癖も二癖もあるようなものばかりで、この『時計じかけのオレンジ』も
彼女/彼氏と一緒にデートで見に行くってタイプの作品ではないですよね。w

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/85-5ac044d2

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。