ストライダーの足跡

いつまで続くか、自由気ままなストライダーの雑記帳

【つぶやき電光掲示板】                 


 | HOME | 

2015/03/16 (月) 21:21
全然走りに行けてないので車載工具ネタで埋め合わせ。

まずは、いつもUFOのリアフェンダーバッグの中に入れてるR&Rのツールバッグの中身から。
このツールバッグにはタイヤレバーのような長尺もの以外の工具を入れています。
このバッグの組み合わせ、サイズ的にピッタリなんですよね。

車載工具02 車載工具03

● UFO リアフェンダーバッグ Lサイズ (UF-2226)
  http://www.x-up.jp/item/UFORFBL/
● Rough & Road プロテクションツールケース (RR5527)
  http://rough-and-road.weblogs.jp/news/cat3930110/index.html

格好悪いし、バイク重くなるし、跨ぐとき足が引っかかり易いしで、リアフェンダー上にこんなバッグを載せるのは嫌だったんですが、背中に担ぐザックが重く肩が凝るので仕方なく荷物を分散させました。
ツールバッグの重量約1.3kgをザックから除いて、肩の凝りはだいぶましになりました。
ただ、7年近くもリアフェンダーにこんな重い物を載せて走ってたせいか、最近フェンダーに少々ガタが出てきたような感じです。
ザックの中身を見直して(軽量化して)元に戻すか悩みどころであります。

では中身の紹介をば・・・

車載工具01


【補足説明】
●シールメイト
モーションプロの工具を購入した際、おまけで付いてきた商品なんですが、テレフォンカードみたいな薄い材質のシートです。
Fサスのオイルシールに噛み込んだ泥なんかの異物を除去するもので、少々のオイル漏れならこれで治る場合があります。
私は未だ一度だけしか使ったことがありませんが、確かにオイル漏れが止まってびっくらこきました。
テレフォンカードなんかを切って使ってもできるようです。


●ビット各種
車載工具04

左端のマイナスが長短2本あるのは、キャブのスロージェット脱着用に長い方を買い足したせい。
やっぱ無印よりPBのビットの方が錆びも少ないし良さげっすね。


●バイスプライヤ
バッタもんではなく、ちゃんとしたメーカー品を使いましょう。w
 (参照) 『バイス・グリップ(2008/06/25)』


●ビットドライバー
Wera社製 クイックリリース ビットホールディングドライバー
#815/4/1  1/4(6.35mm)
車載工具05


●ギアレンチ
高C/PのSIGNET製ギアレンチ
車載工具06


●スパナ各種
重量のかさむ大きなサイズは肉薄タイプにして軽量化
crab tool 極薄スパナ 14×17
車載工具07

17mmはミラーステーくらいでしか使わないし、容積がかさむのも嫌なので肉薄タイプを使ってますが、強度的に薄いのが嫌って人はこんなのもあります。
  旭金属工業社製 ライツール
  http://www.asahi-tool.co.jp/product/lightool.html

ところでこの「CRAB TOOL」っていうスパナ、どう入手したのか忘れてしまってたんですが、今回amazonのリンク貼ろうと検索したら370円でした。 安っ!
品質はいまいちなんでしょうか?w
薄口タイプのスパナは各社いろいろ出ているようなので、本気使用したい人はよく調べてから買ってね。


●モンキーレンチ
TRUSCO ワイドモンキーレンチ ショートタイプ 30mm TRMW30S
実測重量:約160g  (モノタローの掲載ページへ)
車載工具08

これも軽量化で小さくて軽いやつをば。
但し、アクスルナットにも使えるようにと口開きの大きなやつ(最大口開き:30mm)を選んでます。
 注) 柄が短いのでアクスルナットを緩めるには相当な力がいります。


●変換アダプタ各種
車載工具09


●エクステンションバー
車載工具10

上記のギアレンチと変換アダプタやエクステンションバーを組み合わせるとこんなことが・・・

ドライバーではトルク不足で緩められないときは
車載工具11

普通にソケットのラチェットハンドルとして
車載工具12

届かないときは延長
車載工具13 車載工具14

ドライバーにソケットもいけます。
あまり使わないパターンかもだけど
車載工具15


●フラットボウルレンチ
車載工具16

これはMotionPro社製の工具で、キャブ底の17mm六角になっているドレンプラグを外すものです。
普通のスパナでもいいんですが、狭い場所なので裏表交互にひっくり返さないといけなかったりして作業性が悪いんですよね。
この専用工具だと小型で12Pというのもあって非常に楽に作業できます。
もっともこういう工具は実際に使ってみないと、その良さがなかなか理解し難いかもしれませんが。


以上、私がリアフェンダーバッグに入れてる短尺モノ工具の紹介でした。
何か少しでも参考になれば幸いであります。
車載工具はみなさん色々と工夫されているので、見てるだけでも楽しいですよね。
そんな工夫のコメントなんかも頂けると嬉しいです。
次回はザックに入れてる長尺モノ工具類の紹介をしようかと思ってます。



Blogランキング参加中、ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村




【関連記事】
●車載工具の紹介(その2) (2015/03/21)


【工具関連記事】
●工具について (2008/04/28)
●工具(その2) (2008/05/01)
●工具(その3) (2008/05/10)
●携帯バイク・スタンド (2008/06/17)
●ラチェット・ハンドル (2008/06/21)
●バイス・グリップ (2008/06/25)
●HEX用工具 (2009/09/10)
●三本目の手 (2011/01/25)
●トルク・アダプター (2012/03/16)
●タイヤ・レバー (2012/09/17)
●ノコギリ新調 (2014/12/21)



<コメント>

知らない工具が・・・

こんにちは。
ご無沙汰デス(^'^)
かなり効率よく選択されてますねぇ(^'^)
知らない工具がありました。教えて下さい。
バルブ誘導工具?
もしかしてリムにチューブのバルブを入れる工具でしょうか?
JN抜き?
よろしくですヽ(^。^)ノ

>マークファイブさん

ほんとご無沙汰しちゃってます。
「バルブ誘導器具」はお察しの通り、チューブのバルブをリム穴に引っ張り出してくる器具です。
ワイヤーの先にバルブコアと同じオスねじが切られたモノが付いてるだけなんですが、結構重宝します。
参照:http://www.webike.net/sd/1034721/

「JN抜き」(ジェットニードル抜き)は、WR250Fに標準で付いていた専用工具で、キャブのJNを引っこ抜くものです。
ピンセットなんかでも取れるんですが、これもあればあるで便利です。
JNの頭の径と同じ内径のチューブが先に付いていて、これをJNにかぶせて引っ付けるようにして抜きます。
JNが結構奥まったとこにあるので取り難いんですよね。

なるほど

なるほどです(^'^)
バルブの誘導はありですね。自分はいつも痛い思いをしてやってました。
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://strider1961.blog94.fc2.com/tb.php/984-bc04f7c0

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

記事タイトル一覧

Blogランキング参加中

ポチッと応援よろしくお願いします。


プロフィール


strider

Author:strider
大阪のものぐさおやじ
現在の愛車は'07-WR250F
strider1780@gmail.com
※林道の場所等のお問い合わせには
  対応しておりません。
  悪しからずご了承ください。
※当blogはリンクフリーです。
(since 2007/01/07)

過去ログ


お気に入りアイテム

【携帯用空気入れ】
TOPEAK(トピーク)社 マウンテン・モーフ

(参考記事)
車載工具の紹介(その2)

【紙ウエス】


【チェーンルブ】
MOTUL C3 CHAIN LUBE OFF ROAD
(参考記事)
チェーンルブ


ブログ村ランキング順位


※現在、バイクブログの「オフロード」と
 「林道ツーリング」カテゴリーに登録中。
 1回/日ポチッと協力
 よろしくお願いします。

5枚の無人島アルバム


Miles Davis 『Kind of Blue』
(参考記事)
Best5 ~Jazzアルバム~


The Beatles 『White Album』
(参考記事)
Best10~The Beatles~


Paul McCartney 『McCartney』
(参考記事)
Best5~Paul McCartney~


Pink Floyd
『The Dark Side Of The Moon』
(参考記事)
Pink Floyd


Simon & Garfunkel
『Bookends』
(参考記事)
Bset10 ~S&G~

携帯サイトQR